[ トップページ ]
地理・地域:ヨーロッパ, 観光・旅行・出張:海外旅行・出張

おくれて到着したがなんとかセーフだったベネチアの学会

Generative Art 2015 (GA 2015) という会議で 3D 印刷作品の展示と発表をするためにヴェネチアにきた. フライトがキャンセルされたために 1 日おくれになったので会場に直接行ったが,場所をまちがえて,さらにおくれてしまった. それでも発表にはまにあい,展示もおくれて準備した. 展示内容と反響については別項目で書くことにする.

フライトがキャンセルされた理由などについては 「フライトがキャンセルされて成田にとまるはめになった」 に書いたが,その後はだいたい順調にベネチアまできた. ところが,そこで検査官に目をつけられてしまった. 展示物をはこぶために中くらいのスーツケースをもっていた (ひさしぶりに荷物をあずけていた) が,それに覚醒剤かなにかがはいっているのではないかとおもわれたようだ. スーツケースじたいにかくしていることがうたがわれたが,ないということが容易にわからない. 結局,なかみをだしてスーツケースをべつの場所にもっていって,しばらくしらべていた. かえってきたスーツケースには外側にあながあけられていた. まさか破壊検査まではしないだろうとかんがえていたが,そこまでいってしまった. 内側からあなをあけるならスーツケースの機能に問題はないが,外側からあなをあけられると強度がよわくなるのが心配だ. このスーツケースについては写真とともにあらためて書く

マルコポーロ空港から地上のバスと水上バスがでているが,水上バスはとてもおそい. だから地上のバス (20 分くらいでつく) でローマ広場までいった. そこからさきは,あるいていくのがもっともはやいようだ. 会場はサンマルコ広場のちかくだと理解 (誤解) していたので,かなりの距離があるが,そこまであるいていった. おおきな運河にかかる橋のかずはすくないので,Real 橋までがとおい. 石畳のみちでスーツケースをころがしていくのは,けっこう,つかれる.

会場とおもっていた場所にいってみると,かぎがかかっている. 周囲できいてみたが,わからない. 主催者にだしたメイルに道順がかいてあったのでみてみると,どうやら場所がちがうらしい. きた道を Real 橋までもどり,そこからメイルに書いてあった場所をめざした. 12 時から自分の発表があるが,もう,それまでに 1 時間もない.

道順の最後にかいてあった場所まできたが,それでも会場が容易にわからない. あちこちでききまくって,ようやくわかった. なかにはいってみると,12 時からのセッションのまえのやすみ時間なので,入口ちかくで参加者が談笑している. 会場にはいって,主催者とおぼしきひとと話をした. どうにか,まにあった.

関連項目:

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/7097

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type