[ トップページ ]
情報通信博物館:iPhone

まがった iPhone 5 にかえた iPhone 6S のつかいがって

これまで iPhone 5 をつかってきたが,表面のプラスティックがまがって,はがれてしまった. そういうわけで,ふだんは新機種にとびつくことはないのだが,今回は iPhone 6S がでたタイミングで,いそいで交換した. 今度は表面がガラスなので,まがったり,はがれたりすることはないだろうが,落下事故にはより注意しなければならない.

iPhone 5 は最近までとくに問題はなかったのだが,最近になって,表面のプラスティックがはがれてきた. それがうきあがってしまうとタッチセンサがはたらかなくなるので,エポキシ系の接着剤でがっちりはりつけた. それでも,つよいちからでまがろうとするから,ふせぎきれない.

2 回接着をくりかえしたところで,iPhone 6S の登場となった. 直前に予約したので,またされるかとおもったが,発売直後に入手することができた. 画面がおおきくなったのでみやすいが,おとしそうだ. 指紋認証がついたので,右手のひとさしゆびをつかえばすぐにロックを解除できるのはよいが,ほかの指では解除できないのは不便だ. ロックの解除だけでなく,操作もたびたび両手でしないと,片手ではおとしそうだ.

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/7074

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type