[ トップページ ]
社会・経済:セールス・営業・マーケティング

あぶなかった建築・保険の契約 — ふりかえってみると…

もうずっと過去のことだが,いま住んでいる自宅をたてたとき,それから生命保険の契約をしようとしたとき,もうすこしで選択するところだった企業がそれからまもなく破綻するということを経験してきた.

いま住んでいる家はジーエルホームでたてたものだ. この会社はなまえや営業内容がその後だいぶかわってはいるが,つづいてきている. しかし,家をたてるときに最初 3 社をえらんだ. そのなかに平和ホームズという会社があった. 3 社のなかでいちばんちいさかったこの会社,設計能力などの点であまり評価できなかったので,2 社にしぼりこむときにおとしてしまった. この会社は家が完成してから 3 年後くらいに不正行為をおこし,不渡りをだして破産した. この会社で家をたてていたら,アフターサービスはうけられなかっただろう.

かつて日産生命という会社があった. 勤務している会社の関連会社なので,会社にきていた営業と会って,契約するかどうか検討していた. 結局,契約せずにおわったのだが,していた可能性もある. その後まもなく,この会社は破綻した. 契約していたら,損害をこうむっていたことはまちがいない.

これらの会社は,契約を検討していたときには問題のある会社かどうか,わかっていなかった. ほかにも,あぶなかったこと,ある程度の被害をうけたことはいくつかある. どうすればふせげるのか,よくわからないが,気をつけよう.

関連ページ:

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/7064

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type