[ トップページ ]
書評:仕事と起業, 仕事と起業

理解できないところが多いが,重要な方法も書いてある ― 坂口 孝則 著,「モチベーションで仕事はできない」

著者は最初の 3 章でモチベーションはなくてよいことをしめそうとしているのだろうが,仕事と趣味に 境界がなかった私には理解できない内容だった.しかし,その後の章に書いてあること,たとえば 「大切なのは,好きなことをやるのではなく,やることを好きになることだ」 (p. 203) とか「人生の大逆転をねらうのではなく, 日々の数パーセントの微細な改善と改良が,未来にさらに大きな変化をもたらすと信じること. そのためにいまに集中すること」 (p. 213) というのは私が実践してきたことと一致している. そして,そのための技法として書かれている,たとえば「何かをはじめるときに,もっとも力が必要なのは初動だ. そこで,[…] まずはファイルに名前をつけて保存する」 (p. 121) というようなことも,私が実践していることだ. 通常はモティベーションがある私でも,仕事のハードルをひくくする必要があることはあるから.

評価: ★★★☆☆

関連リンク: モチベーションで仕事はできない

注記: Amazon.co.jp書評に投稿しています.

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/7034

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type