[ トップページ ]
DIY (日曜大工) とものづくり・実験, 地理・地域:北アメリカ, 観光・旅行・出張:海外旅行・出張

印刷法の差がわかる 3D 印刷作品を !!

P1311424c.jpg1980 年代からつづいている 3D 印刷の学会である SFF シンポジウムで発表するため, 真夏のテキサス (オースティン) にでかけた. 2 日めの行事である川のクルーズのときに私に話しかけてきた男がいたが,話の結果,あらためて感じたことがある. あたらしい 3D 印刷法をかんがえて,それによってつくった作品を売りたいなら,そのすごさがすぐわかる作品をつくる必要があるということだ.

SFF シンポジウムのクルーズでわかい男が「なにをやっているのか?」と話しかけてきた. 3D 印刷した地球儀をみせて説明したが,すぐには理解されない. 1 分以上説明して,やっとわかったようだった. FDM (fused deposition modeling) の専門家でないからすぐにはわからないのだとおもう. しかし,地球儀を一般むけに売っても売れないのは,しろうとにはどこがよいかわからないからだろう. だれでも「すごさ」がすぐにわかる作品をつくることが必要なのだろう. もし,いまもっている技術でそれができないなら,それができる技術を開発する必要があるだろう. すでにある程度わかっていることだったが,この話をした結果,あらためてそれを感じさせられた.

追記: 何種類かの地球儀を Yahoo! Japan ショッピング で 150〜300 円で販売しています.

関連項目:

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/7050

コメントを投稿

dasyn_1011-04

方向指定 3D デザイン・印刷技術を使用してつくったこのような作品を デイシン Yahoo! Japan ショップで売っています.

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type