[ トップページ ]
地理・地域:東・南アジア, 観光・旅行・出張:海外旅行・出張

シェムリアップのホテル周辺の散策と初日の夕食

ICOIN 2015 という学会で 2 件の発表をするために,カンボジアのシェムリアップ (Siem Reap) にやってきた. ここでは GPS がほとんどつかえないが,それでも Google Map をたよりに,ちかくを散策し,夕食をとった. シェムリアップ川の周辺には店があつまっているが,レストランはかぎられているし,みせの照明はくらくて,商品がよくみえない. 夕食はすこしたかい店でよくばってたべたが,比較的洗練された料理であり,味はよかった.

アンコール・ワットはホテルの北だが,きょうは南にあるいてみた. ホテルのちかくにはおもに現地人相手のレストランがあったが,値段も書いてない. それに,まだ円しかもっていない. あるいていると TukTuk 屋が声をかけてくるが,いまはまず,あるいて周辺をみたい.

まずは ATM をさがす必要がある. Google Map にも ATM の場所が表示されているが,そのうちのひとつにアクセスしてみた. どうやらこれはドルしかおろせないらしい. しかも,手数料は 5 ドル,高額だ. とりあえずほかの ATM もさがしてみることにした. 2 番めにみつけた ATM もドルしかおろせず,手数料は 5 ドル,つまり,最初のとおなじだ. あきらめて,そこでドルをおろした.

Sofiel があるメイン・ストリートの両側には高級ファッションやアンティークの店がたちならんでいる. こんなにたくさん,この種の店がやっていけるのだろうか? すくなくとも私はほとんど興味がない.

しばらく南にいくと,ようやく,普通の店がたちならんでいる場所にでた. 川にむかって商店街がある. レストランもあるが,私がはいれそうな店はかぎられている. バーベキューの店と日本食の店があった. すくなくとも日本食の店にははいらない.

とりあえず,川の周辺をあるいてみた. 服やカバンや,その他いろいろなものを売っている. しかし,興味をひくものはあまりない. たべものを売っている店もあるが,焼き肉だけなど,単品のところが多い. 夕食をたべるという感じではない. このあたりでだいぶ写真をとったはずなのだが,iPhone がいかれていたのか,のこっていない. でかけるまえにリブートしたほうがよかった.

寺もところどころにあるが,もう暗くてわからない. 川の反対側にわたってみたが,そちらには店もすくない. 橋はかぎられていて,なかなか川をわたれない. 結局,ぐるっとまわったすえにもとの商店街にもどり,バーベキュー屋にはいった.

ここできのこサラダをひとつ,麺と肉の皿をそれぞれひとつたのんだ. のみものは水だけだ. 2 番めと 3 番めの皿はともに main dish に分類されているので,両方たのむのはちょっと危険ともおもえたが,麺の量はあまり多くなかった. これで 6.5 ドルなので,かなりたかい. ただし,3 番目の皿以外はすこしたべてから写真をとっている.

IMG_0038_edited-1.jpg IMG_0040_edited-1.jpg

IMG_0042_edited-1.jpg

野菜がすくないだろうとかんがえてサラダもたのんだのだが,その皿には白きくらげとえびが多くはいっていて,野菜はすくなかった. これは魚醤であじつけされ,コリアンダーの葉がはいっていて,味はわるくない.

野菜はむしろ麺の皿に多くはいっている. セロリなどがはいり,魚醤とケチャップがすこしずつ,ついている. しかし,ケチャップはいらない. いずれにしても,これでバランスはとれた. 麺には豚肉をいれてもらっていた.

3 つめの皿は大半が牛肉だ. それに目玉焼きがひとつのっている. さらに,横にごはんがたくさんついているが,これは予想外だった. これのおかげて,だいぶたべすぎた.

関連項目:

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/6900

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type