[ トップページ ]
情報通信博物館:MacBook, インターフェース・デザイン・アメニティ:コンピュータ・仮想世界 (ヴァーチャルワールド)

Macintosh のありえない日本語予測機能 ― Macintosh の死の兆候

Macintosh の日本語機能は以前からかならずしもよくできてはいなかったとおもうが,Steve Jobs が死んでから時間がたつにつれて,だんだんおかしくなってきたのではないだろうか. Web のフォーム入力は使用にたえなくなっている. これは Macintosh の死の兆候のひとつだろう.

このプログを入力するとき,タイトルに「い」と入力しただけで「いンターネット…」という文字列が表示され,しかも「い」は確定されてしまう. カタカナに変換されて確定されるだけでもこまる. なぜなら,「インターネット」と入力したかったわけではないからだ. しかし,さらに「い」がひらがなのまま確定されてしまうのは理解にくるしむ. バグなのか仕様なのかわからないが,仕様だとしたらありえない仕様だ.

2015-6-27 追記: このいまいましいバグをさけるには,Safari の「環境設定」で「自動入力」を選択し,「その他のフォーム」のチェックをはずせばよいことがわかった. ここをチェックしたままにしておくということは,ありえないことだ.

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/6906

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type