[ トップページ ]
地理・地域:東・南アジア, 観光・旅行・出張:海外旅行・出張

朝はホテル,昼は学会,夜は屋台でたべた,シェムリアップ 2 日めの食事

ICOIN 2015 という学会で 2 件の発表をするために,カンボジアのシェムリアップ (Siem Reap) にやってきた. とまったホテルについている朝食,学会についている Sofitel のレストランでの昼食,そして夜はレセプションであまりたべられなかったので,ホテルのちかくの屋台でたべた.

朝食はとまったホテル Nikkivinski Villa のしはらいにはいっている. 自由にのめるのみものは紅茶,インスタント・コーヒー,水くらいしかない. ロビーの横の「カフェ」でしばらくまっていると,サンドイッチとオレンジ・ジュースがでてきた. これですべてだ. (日によって,めだまやきや,野菜がはいったたまごやきがでる.)

昼食は学会費にはいっているが,これは学会がひらかれた Sofitel のレストランでの buffet だ. 初日の夕食と同様に,ここでもやはり野菜が多いのがありがたい. 穀物はチャーハン様のものと米の麺をたべたが,どちらも量はそれほどとっていない. 肉とさかなももちろんあったが,これも量はおさえた. 皿数で 2 枚ぶんくらいだが,野菜以外はそんなにない. 昨夜はライスが 1 カップついていたから,それにくらべるとずっとすくない.

夜はまずは学会のレセプション. ここにはのみものも十分にはなくて,途中で赤ワインがきれて,白にせざるをえなかった. たべものは 1 品ごとにちいさな皿にのせられているのが,ときどきはこばれてくるだけだ. 日本人も 2 人くらいはきていたので開始後 40 分くらいまでは話をしていたが,そこで中座してしまった.

さすがにもうすこしたべたい. ちょっとたべるには屋台がよいとかんがえて,学会のホテルからとまっているホテルのあいだにけっこうある屋台を物色した. ピザを売っている店もあるが,それは例外だ. たいていの店は焼肉・焼きざかなか,インスタント麺などをつくって売っている. 肉はあまりいらないとおもったので,麺屋をのぞいてみた. しかし,メニューなどないので,どうやって注文すればよいかよくわからない.

しばらくみていると,串のはいった箱をあけてくれた. そこから 2 種類の串をえらぶ. あとは野菜や唐辛子などをいれるかどうかだけきめて,みていた. 発泡スチロールの容器にまずなま野菜をいれ,そのうえにあたためた串だんごを切ってのせる. そして唐辛子ソースをのせるだけだ. ほんとうはたべたかったのは麺なのだが,きょうはこれでよいことにしよう. 値段は 1 ドルだった. 腹いっぱいになる量ではないが,きのうにくらべるとはるかにやすい. たぶん麺をたのんでも肉をいれなければ 1 ドルくらい,それで 1 食たべられるのだろう.

関連項目:

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/6902

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type