[ トップページ ]
地理・地域:中国, 観光・旅行・出張:海外旅行・出張

北京での最後の日

ICAM-BM 2014 という学会で発表するために北京にきた (直後に書けなかったので,だいぶあとになって書いている). 学会は金曜日におわったが,日曜日の比較的おそい便 (17 時台) を予約していたので,それまでは観光にあてた. APEC がおわって数日たつので空気はだんだんわるくなってきたが,それでもきょうは風があることもあって,まだ多少は青空がみえる.

ホテルの東のあるいていける距離に孔子廟などがあることがわかったので,きょうはこのあたりを徒歩で観光することにした. 昼まで観光してからホテルをチェックアウトして,どこかで昼食をたべてから空港にむかえばよいとかんがえた.

途中にはさまざまなフートンがあり,Google の地図では毛沢東の家らしきものが書いてあったが,その場所にいってみるとほかのひとのなまえが書いてあるだけだった. ちいさな道だが公安警察などもあった. 立入禁止の場所もあったが写真をうつしてもいいだろうとかんがえてうつしていると,監視員にだめだというしぐさをされた. てまねきされたが無視した.

IMG_9573_edited-1.jpg IMG_9585_edited-1.jpg

目的地のひとつは孔廟 (孔子廟) だが,そこにつくまえにちいさな肉屋があり,焼いた鶏や鴨の肉を売っていた. その店が気になった, 一羽まるごと売っているので,ひとりでたべるには多いのだが,それでも買ってたべたいとおもった.

孔廟とそれに隣接する国子監にはいった.

IMG_9594_edited-1.jpg IMG_9595_edited-1.jpg

ここにはおびただしい数 (198 個?) の石碑がある. むかしはそれがびっしりと建物のそとにたてられていたようだが,現在ではそのおおくが建物のなかに収容されている.

IMG_9600_edited-1.jpg IMG_9608_edited-1.jpg

IMG_9628_edited-1.jpg IMG_9641_edited-1.jpg

IMG_9646_edited-1.jpg IMG_9650_edited-1.jpg

IMG_9651_edited-1.jpg IMG_9652_edited-1.jpg

IMG_9680_edited-1.jpg IMG_9684_edited-1.jpg

IMG_9688_edited-1.jpg IMG_9690_edited-1.jpg

孔子廟のちかくにはそれほど有名ではないがちょっと気になるものもときどきある.

IMG_9698_edited-1.jpg IMG_9697_edited-1.jpg

さらに東にむかい,雍和宮というところにいった. ここは「宮」という字がついてはいるが寺のようなものだ. おおくのひとがおとずれ,線香をあげて,おがむというよりは,ひれふしている. そとの写真はうつしたが,多数の仏像がある室内はそういう状態なのでちょっと写真がとれない.

IMG_9706_edited-1.jpg IMG_9708_edited-1.jpg

IMG_9709_edited-1.jpg IMG_9719_edited-1.jpg

ほとんど唯一,外からみられる像があったので,それだけ写真をとった.

IMG_9728_edited-1.jpg IMG_9735_edited-1.jpg

IMG_9754_edited-1.jpg

ちかくには仏具屋が多いなかで 1 軒だけ,ひょうたん屋があった. 気になったので,しばらくまよったすえに,ひょうたんを 2 個買ってしまった.

IMG_9740_edited-1.jpg IMG_9738_edited-1.jpg

IMG_9741_edited-1.jpg IMG_9748_edited-1.jpg

雍和宮の北を東西にはしる大通りのすぐ南を西にむかうちいさな道に,いろいろおもしろい店がある. その道をとおりつつ,ホテルにもどることにした.

IMG_9757_edited-1.jpg IMG_9758_edited-1.jpg

IMG_9760_edited-1.jpg IMG_9763_edited-1.jpg

IMG_9767_edited-1.jpg IMG_9772_edited-1.jpg

猫の人形 (猫形?) の店があった. 写真の猫はかわいいが,人形は虎のようで,あまりかわいいとおもえない.

IMG_9755_edited-1.jpg IMG_9768_edited-1.jpg

まもなく,行きに気になった肉屋にいきあたる. みやげにできる鴨肉をみやげもの屋で買うこともかんがえられたのだが,食肉検査をとおるのもめんどうだ. みやげは買わずに,私自身はここでたべてかえることにした. つまり,その肉屋で買っていく. 土産屋では 1 羽 40 元くらいで売っているが,この店では 20 元で売っている. 買おうとすると,切ってよいかときく. くびをたてにふって,たべやすいように,切ってもらった.

もうひとつ気になっていた天津包子屋をのぞいてみるが,まだこれから蒸すところだ. 残念ながらこれは買えない. 鴨だけをもってホテルにもどった. チェックアウトは 12 時ということだが,もうまもなくだ. 肉をたべていると 12 時すぎてしまう. そこで,チェックアウトを 12 時半にしてよいかと,そこにいた男にきいた. いいというので,へやで買った肉をたべた.

鴨 1 羽はひとりでたべるにはかなり多い. しかし,のこすのももったいない. 味付けは北京らしいマイルドな味だが,たべあきない. とはいえ,全部たべきるのはくるしい. ほとんどたべたが,最後にすこしだけ,のこした. ポリ袋にいれてくれていたので,ごみをふたたびそのふくろにいれてすてた.

これでしばらくは鶏肉をたべる気がしないだろう. 鴨と鶏とではすこし味がちがうが,焼き鴨と焼き鶏の味付けはたぶんおなじだ. めかくしテストをしてどちらであるかあてられる自信はない.

ほぼ 12 時半になり,ホテルをチェックアウトして地下鉄の駅にむかった. くるときはすこしとおまわりしてしまったが,今度は 1 回ののりかえで空港にむかう. 電車が空港のターミナルをまわる順序はくるときとはちがう. くるときは地下をはしっていたが,今度は地上をはしっている. 地下鉄から空港線へののりかえのとき,銀座モールという地下商店街をみた. あとは電車からの風景と空港のなかの写真だ.

IMG_9773_edited-1.jpg IMG_9776_edited-1.jpg

空港は天井がたかく,窓もおおきい. 建物のかたちはよいが,空調効率はわるいだろう.

IMG_9786_edited-1.jpg IMG_9789_edited-1.jpg

IMG_9792_edited-1.jpg IMG_9793_edited-1.jpg

関連項目

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/6871

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type