[ トップページ ]
DIY (日曜大工) とものづくり・実験:3 次元印刷 (3D printing)・CAD

水平な螺旋状 3D 印刷の問題

3D プリンタで水平方向に宙に螺旋をえがいていくとき,フィラメントが固化するまえにそれを かさねていくと,フィラメントがあまって設計からはずれたかたちになってしまう.

螺旋をえがきながら皿を印刷していくときにおこる典型的な問題の例を写真でしめす.

overstackdefect.jpg P8250128_edited-1.jpg

皿は水平よりはややうえにむかって印刷していく. このようなときにはあまったフィラメントは上におしだされやすい. そのため,写真のように皿がうえにふくらんでしまう. この皿の場合,フィラメントの密度がたかいところで問題がおこっている. わるくするとひどく変形してフィラメントをかさねることができなくなり,つぎの写真のように,あながあくことになる.

P8230106_edited-1.jpg

皿には,フィラメントが脱落してしまうこともある. 密度が場所によってことなるときは,フィラメントの射出測度をおさえると今度はその密度がひくいところで フィラメントが不足する.

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/6833

コメントを投稿

dasyn_1101-25

方向指定 3D デザイン・印刷技術を使用してつくったこのような作品を デイシン Yahoo! Japan ショップで売っています.

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type