[ トップページ ]
観光・旅行・出張:国内旅行・出張

姫路城とその周辺の観光

Automata 2014 という学会で発表するために,はじめて姫路にきている. ここにきたらば,もちろん姫路城をみる. その周辺にはほかにもいろいろ,みどころがあるようだ.

駅前の商店街はけっこう,客が多いようだ. 駅と城にかこまれているからだろう. ここの名物のひとつは穴子だ. みやげにはそれを買うことにしたが,昼も穴子めしをたべるのが魅力的におもえた. しかし,あまり適当な店をみつけられなかったので,もっと普通の定食屋でたべることにした.

駅から城にのびる道の正面に天守閣がある. ヨーロッパではよくある光景だが,日本ではたいていのまちはこんなによくできていない. 姫路城が世界遺産になったこともあり,このまちはこれから人口がへってもやっていけるだろう. 城のまわりには庭園もあり,美術館や博物館があり,動物園もある. 集客するには適切だ.

HimejiCastleFromStation.jpg IMG_7611.jpg

IMG_7610.jpg IMG_7609.jpg

最初に,あすからはじまる学会の会場であるイーグレ姫路をみた. 城の側からはいったが,建物の外観以外にあまり印象的なものはなかった. あすはもっとみてみることにしよう. きょうは城をみるのがさきだ.

IMG_7592.jpg

城にいくはずだったが,そのまえに目についた護国神社にはいってみた.

IMG_7596.jpg IMG_7598.jpg

そしてようやく姫路城. 天守閣のそばにはおおきなクレーンがある. 残念ながらいまは天守閣にははいれない.

IMG_7619.jpg IMG_7641.jpg

IMG_7636.jpg IMG_7638.jpg

IMG_7639.jpg IMG_7644.jpg

はいれるのは西の丸. ここには城壁にそってながい廊下がある. 廊下の片側 (城壁の反対側) はこまかくくぎられた多数のへやがある. なんにつかっていたのだろう. ここは千姫のためにたてられたということであり,すくなくとも一部は千姫がつかっていたようだ. ふだんは公開されていないという化粧櫓というへやが公開されていた (ということをあとで知った) が,のぞいただけで,はいってはみなかった.

IMG_7655.jpg IMG_7656.jpg

IMG_7666.jpg IMG_7671.jpg

天守閣に関しては,ひたすらまわりから写真をとるだけだ. 世界遺産にも指定されるうつくしい城だが,石垣はこまかい石がはさまっていて,あまりうつくしくない. 石垣はおおきな石がきっちりつみかさねなれているほうが,やはりうつくしい.

IMG_7675.jpg IMG_7685.jpg

IMG_7686.jpg IMG_7689.jpg

城のとなりには千姫ぼたん園という公園があり,ここも (ぼたんが咲いてなくても) 魅力的な場所であるようにおもえるのだが,ここにはほとんどだれもこない.

IMG_7710.jpg IMG_7704.jpg

IMG_7707.jpg IMG_7709.jpg

かつて武家屋敷があったところがいまは好古園という庭園になっている. ふつうの庭園とちがって,こまかくくぎられ,それぞれがおもむきのちがう庭園になっている. 現在のすがたになったのは 1992 年ということだが,発掘調査の結果が反映されているという. 説明をみても,時代はまったくわからない.

IMG_7730.jpg IMG_7736.jpg

IMG_7742.jpg IMG_7752.jpg

IMG_7758.jpg IMG_7760.jpg

HimejiDinner.jpg夜に穴子めしなど特産品をたべる選択肢もあったが,たまたまはいった Bon Marche というスーパー・マーケットでほかにたべたいものが目についてしまったので,それを買ってホテルでたべることになった. スーパーなので,箸はつけてくれない. フォークはもっていっているはずだったが,ここにくるまえにつかいはたしていることがわかった. そういうわけで,スプーンだけでたべるはめになった.

関連項目

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/6781

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type