[ トップページ ]
地理・地域:北アメリカ, 観光・旅行・出張:海外旅行・出張

デイヴィス空港からホテルまでの道中

カリフォルニアのデイヴィス (Davis) に出張できている. デイヴィス空港での宿泊については,あらかじめいろいろかんがえていたが,結局は Davis のシャトル・サービスの会社に予約していた. 多少の問題はあったが,どうにか深夜 1 時半ごろにはホテルにつくことができた.

空港到着の予定時刻は 0 時 12 分だが,シャトルの予約票には到着が 0 時半をすぎるとキャンセルされることが書いてあった. すくなからぬ確率でおこりうることだとおもうので,おそれていたが,むしろ予定よりはやく到着した.

空港では予約していたくるまがみつからなかった. しかたがないので,1-800 の番号 (フリー・ダイヤル) に電話した. すると,くるまはタクシーのりばの端のほうにいるはずだという. そちらにいってみると,たしかに Davis Airporter と書かれたくるまがいた. しかし,ちかくにいくまでわからなかった.

すでに 2 人の客がのっていて,もうひとりくるはずだという. しばらく待ったが,その客はこなかった. もしかすると私と同様にくるまがみつけられずに,あきらめてタクシーにのったのかもしれない.

くるまはサクラメントをとおったあと,ディヴィスにむかった. あとの 2 人をおろしてから,わたしのホテルにむかった.

運転手はこのときカーナビをつかっていたが,音声だけのナビゲーションだ. 日本のカーナビの音声よりは親切だとおもえるし,運転中は音声だけのほうが適しているとおもう. アメリカではひとに道をきくと,日本人のように地図を書いておしえてくれることはなくて,道順をことばで書いておしえてくれる. カーナビもそれとおなじというわけだ. しかし,日本人の私にとっては近視眼的で安心できないようにおもえる.

関連項目

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/6761

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type