[ トップページ ]
DIY (日曜大工) とものづくり・実験:3 次元印刷 (3D printing)・CAD

問題をおこしていた PLA フィラメントでも印刷できるようにした

最近買った PLA のフィラメントのために Rostock MAX で 3 回めの過熱事故をおこしたが,フィラメントおくりのまさつをへらすことによって,そのフィラメントでもうまく印刷できるようにすることができた.

問題のフィラメントはこれまでのものよりすこしだけふとい. そして,表面がなめらかでない. そのため,とてもつよいちからをかけないと,フィラメントがおくられない. つよいちからがかかるとフィラメントの表面がおくり機構によってきずつけられ,さらに抵抗がつよくなってしまう. そして結局,フィラメントのうごきがとまってしまう.

まえの故障のときに SeeMe CNC からホットエンドのセットを買ったが,そのなかにはフィラメントをとおすパイプとして PTFE チューブがついてきた. その時点では変更された理由がわからなかったが,抵抗をへらすのが目的であることはあきらかだ. もとの Rostock MAX にはビニルかなにかのチューブがついていて,これまではそれをそのままつかってきた.

この PTFE チューブはホットエンドの修理のためにつかってしまったので,Monotaro でべつのチューブを買った. 付属していたものは外径 4 mm 内径 2 mm のもののようだが,あらたに買ったものは外径 4 mm 内径 3 mm だ. これをビニルのチューブにかえてつかうようにした. このほうが安価なのだが,これまでのところは問題はおこっていない.

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/6604

コメントを投稿

dasyn_1101-25

方向指定 3D デザイン・印刷技術を使用してつくったこのような作品を デイシン Yahoo! Japan ショップで売っています.

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type