[ トップページ ]
DIY (日曜大工) とものづくり・実験:3 次元印刷 (3D printing)・CAD

3D ゆらぎ印刷への冷却ファンの影響

ゆらぎ印刷の際に冷却ファンを使用するかしないかで,印刷結果にどのようなちがいがあるかを ABS でしらべた. 冷却することでゆらぎがすくなくなっていることがわかる. それでも,ゆらぎをなくすことはできないし,場所によらず均等にすることもできていない.

フィラメント (ABS) のおしだし量をすこし変化させながら,ファンの効果をしらべた. 最初の写真はおしだしのパラメタが 0.5 のときのものである. 層厚は 0.3 mm にしている.

RIMG3458_ers.jpg

左がファンをまわしながら印刷したものだ. ゆらぎはすくなくなっているが,それによって層間の接着がよわくなり,はがれているところがある. 右はファンをとめたまま印刷しているが,それでも手前はゆらぎがちいさくなっている. なぜ場所によってゆらぎのおおきさがちがうのかはわかっていない.

つぎはパラメタが 0.4 のときである. これも層厚は 0.3 mm である.

RIMG3456_ers.jpg

このときも,ファンをまわしながら印刷した左側の奥でとくにゆらぎがちいさくなっているが,パターンがくずれてしまっている. ゆらぎがあるほうがパターンがくずれにくい. このときはファンをとめていた右のほうがゆらぎにむらがすくない. パラメタが 0.5 のときとはむらのでかたが逆になっている. 理由はやはりわからない.

最後の写真は層厚が 0.25 mm だが,最初はファンのスイッチをいれわすれて,途中でいれた. どこでいれたかはあきらかだろう.

RIMG3459_edited-1.jpg

ファンをまわしたほうがゆらぎがすくなくなるのは,フィラメントの温度がすぐにさがるからだろう. フィラメントの温度がたかいとやわらかいので,ヘッドがちかくにきたときに変形しやすいことが,ゆらぎをおおきくしているとかんがえられる.

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/6617

コメントを投稿

dasyn_1101-25

方向指定 3D デザイン・印刷技術を使用してつくったこのような作品を デイシン Yahoo! Japan ショップで売っています.

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type