[ トップページ ]
DIY (日曜大工) とものづくり・実験:3 次元印刷 (3D printing)・CAD

セル・オートマトン風 “3D ゆらぎ印刷” でのフィラメントのつみかさなりかた

3D 印刷ではいずれにしてもフィラメントがつみかさなって,かたちがつくられていく. しかし,とくに疎な 3D ゆらぎ印刷では,さまざまなつみかさなりかたがみられる.

セル・オートマトン風 “3D ゆらぎ印刷” のランダムまたは規則的につみかさなったフィラメント」 に書いたことと一部重複するが, つぎの写真のような疎なパターンではフィラメントがちぎられて粒となり,つみかさなっているのがよくわかる. ほぼ一定の角度でつみかさなっていく. ときどき角度が急な部分,ゆるやかな部分があるのは,いったんつみかさなったあとに押されて角度がかわった可能性がたかい. 粒からでている糸の方向がもとの方向を示唆している.

FilamentStack10.jpg

上の写真では粒は比較的ちいさくて整然とつみかさなっているが,下の写真では粒がもっとおおきくなり,雑然としている. 左右に糸をひく,ほぼ水平な粒もある. 糸をひいていない,おおきく湾曲した粒もある. 水平な粒もすこし下に凸になっている.

FilamentStack01.jpg

つぎの写真も同様な例だ.

FilamentStack02.jpg

つぎの写真ではほぼすべての粒が水平にならんでいる.

FilamentStack21.jpg

最後はもっとも多様な例だ. わずかな面積のなかに,さまざまなかたちの粒があり,つみかさなる方向もそれぞれちがう.

FilamentStack31.jpg

すこし分析してみよう.

FilamentStacks.jpg

黄色い楕円でかこんだ 2 か所は比較的ちいさな粒が整然とならんでいる. これに対して青い部分はもうすこしおおきなふぞろいの粒でできている. 緑の部分は横にのびたフィラメントがつみかさなっている. 赤い部分は密なパターンが形成されているので,粒がかさなっている部分とは質がちがうかもしれない. いずれにしても,面積がかぎられているのでよくわからない.

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/6569

コメントを投稿

dasyn_1101-25

方向指定 3D デザイン・印刷技術を使用してつくったこのような作品を デイシン Yahoo! Japan ショップで売っています.

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type