[ トップページ ]
DIY (日曜大工) とものづくり・実験:3 次元印刷 (3D printing)・CAD, 数学・計算・情報学・プログラミング:人工知能・複雑系と人工生命

セル・オートマトン風 “3D ゆらぎ印刷” におけるパターンの方向

3D プリンタを通常とはちがう方法でつかって,興味ぶかいランダムな “セル・オートマトン風” のパターンを生成することができる (このビデオを参照). これらのパターンのなかには,いくつかの方向性があることをみてとることができる.

RIMG2846_edited-1.jpg

上の写真のなかにみられる,パターンの方向を下の図のようにかいてみた. プリント・ヘッドは 0.25 mm ピッチで水平に移動しながら印刷していく. そのため,(2) 0.25 mm ピッチの水平なほそい糸が形成される. (1) 印刷によってつくられるもっとも主要な構造は,ヘッドの回転方向とは逆にのびていく格子だ. (4) ヘッドは円筒をえがくが,円を 5° ごとの線分で近似しているので,5° ごとに縦線があらわれる. ただし,縦線がはっきりみえないところもある. (3) もうひとつみえるのは,ヘッドの回転方向にのびていく,(1) とは逆方向のパターンだ. 具体的には,すこしおおきなすきまがこの方向にのびている. なぜこのような方向に伝搬するのかはわからない.

RepeatedPattern04.jpg

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/6556

コメントを投稿

dasyn_1101-25

方向指定 3D デザイン・印刷技術を使用してつくったこのような作品を デイシン Yahoo! Japan ショップで売っています.

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type