[ トップページ ]
観光・旅行・出張:海外旅行・出張

はじめて乗ったボーイング 787 と窓からのけしき

イタリアのトレントへの出張のかえり,ヴェローナから成田への飛行機はボーイング 787 だった. 材料としてカーボン・ファイバーをつかっていることは乗客にはあまり関係がないが,電気的にあかるさがかわる窓などがあたらしい.

湯浅の電池がもえて,しばらく運行が停止されていたボーイング 787,これまで乗ったことはなかった. 窓側の席にすわったが,まどに物理的なおおいはなくて,その下にあかるさを増加/減少させるためのスイッチがついている. おもしろいのは,スイッチをおしてもすぐにはあかるさがかわらないことだ. まぶしさをさけるためだろう. 時間をかけて調整するようになっている. もっともくらくしても,そとの景色はわずかにみえている.

IMG_4014_edited-1.jpg IMG_4040_edited-1.jpg

IMG_4041_edited-1.jpg

トイレにいく必要はかならずしもなかったが,どんなトイレなのかをみてみようとおもって,はいってみた. 従来機種とそれほどおおきな差はないが,センサ類がいろいろ追加されている. 手をかざすだけでフラッシュし,自動的にふたがしまるのは,日本人むけのしかけなのだろう. 私にとってはどうでもよいのだが…

例によって,まどからのけしきを写真にとる. 最初は夜なのでうつせないが,そのうちあかるくなってくる. またシベリアあたりのけしきをうつすことになるが,さいわい,往路と反対側をうつすことができた. ただし,かなりくもがおおくて,かぎられた場所しかうつせなかった.

IMG_4018_edited-1.jpg IMG_4020_edited-1.jpg

IMG_4021_edited-1.jpg IMG_4023_edited-1.jpg

IMG_4034_edited-1.jpg

関連項目:

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/6537

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type