[ トップページ ]
DIY (日曜大工) とものづくり・実験:3 次元印刷 (3D printing)・CAD

オリンピック・マークの印刷

オリンピック・マーク (オリンピックの 5 輪のシンボル) は通常は平面的だが,チェインだとおもうと立体的になる. そこで,これを印刷してみることにした. OpenSCAD で通常のモデリングをしたものと,「自然な方向」で印刷したものを両方つくってみた. これら,とくに後者を Makers Faire で印刷してみせようとおもう.

通常のやりかたで 3D 印刷すると,かたむけたリングの表面はガタガタになる (下の 2 枚の写真). 印刷の層をうすくすればその凹凸はめだたくなくなるが,印刷に時間がかかるようになる. また,「自然な方向」 を表現することはできなくなる.

RIMG2162.jpg RIMG2164.jpg

オリンピック・マークに関しては 「自然な方向」 はとくにないが,リングを印刷する自然な方法は同心円をかさねる方法だとかんがえられる. 「自然な方向」 の印刷ではその方向をみせることができる (下の写真). 「自然な方向」 のデモとしてはオリンピック・マークは最適ではないが,2020 年のオリンピック東京開催がきまったところなので,これもあわせて Makers Faire でみせることにしたい.

RIMG2165.jpg RIMG2169.jpg

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/6488

コメントを投稿

dasyn_1101-25

方向指定 3D デザイン・印刷技術を使用してつくったこのような作品を デイシン Yahoo! Japan ショップで売っています.

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type