[ トップページ ]
書評:メディア・アート・イベント・エンターテイメント, メディア・アート・イベント・エンターテイメント

メディア・アートそのものがあまりとりあげられていないのが不満 ― 坂根 厳夫 著 「メディア・アート創世記 ー 科学と芸術の出会い」

この著者の以前の本はメディア・アートそのものをとりあげていたが,この本は多数のアーティストをとりあげて,著者のかかわりを中心に書いている. それは,著者にはあまり興味をもっていないひとが知りたいことではないようにおもう. 著者も歳をとりすぎたということか… アーティストをとりあげるのと同時にアートそのものももっととりあげないと,興味をひくものにはならないようにおもう.

評価: ★★☆☆☆

関連リンク: メディア・アート創世記@Amazon.co.jp

注記: Amazon.co.jp書評 に投稿しています.

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/6433

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type