[ トップページ ]
書評:知的生産とリテラシー, 知的生産とリテラシー:読書法

日本の学校ではなおざりにされている種類の読解訓練の本 ― 福澤 一吉 著 「文章を論理で読み解くための クリティカル・リーディング」

文章からそれを構成している論理をよみとる訓練をするための入門書だ. 諸外国では重視され学校でも訓練されているが,日本ではなおざりにされている種類の訓練だ. この本 1 冊では十分な訓練ができるとはいえないが,まず読むにはよいだろう. 帯には 「なぜ読解力がつかないのか?」 とあるが,日本でいう読解力はむしろ論理をよみとることではないとかんがえられるから,誤解をまねく表現だろう.

評価: ★★★★☆

関連リンク: クリティカル・リーディング@Amazon.co.jp

注記: Amazon.co.jp書評 に投稿しています.

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/6375

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type