[ トップページ ]
書評:仕事と起業, 仕事と起業

プロデューサーという肩書きがつくひとのための本?! ― 吉田 就彦 著 「アイデアをカタチにする仕事術」

この本では「プロデュース」とか「プロデューサー」ということばが頻繁につかわれている. 著者はレコード会社のプロデューサーを経験し,そういう「プロデュース」の仕事をもっとひろい仕事にいかす方法を書こうとしているようだ. しかし,話の内容はタイトルからの印象ほどひろくはなくて,自分の仕事にはすぐにはつかえそうになかった.

評価: ★★★☆☆

関連リンク: アイデアをカタチにする仕事術@Amazon.co.jp

注記: Amazon.co.jp書評 に投稿しています.

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/6368

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type