[ トップページ ]
書評:政治・法律・憲法, 政治・法律・憲法, 書評:政治・法律・憲法

「維新」,「覚悟」 ということばの重さ ― 堺屋 太一 著 「「維新」 する覚悟」

「維新」 ということばは 「構造改革」 というようなことばよりははるかに重い. 著者が現在の政治や社会に対してつかっていることばは,おどろくほどつよい. いたるところに 「敗戦」 ということばがつかわれ,家庭の機能がうしなわれ,地域が喪失し,教育水準は著しく劣化し,くらしも貧弱になったなどという. そこからたちなおるには単なる改革でなく 「維新」 が必要だという. 「維新」 のみちすじはそれほどはっきりしていないが,「覚悟」 があれば成功する可能性があるということだろう.

評価: ★★★★☆

関連リンク: 「維新」する覚悟@Amazon.co.jp

注記: Amazon.co.jp書評 に投稿しています.

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/6364

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type