[ トップページ ]
情報通信博物館:コンピュータ館, 書評:数学・計算・情報学・プログラミング, 数学・計算・情報学・プログラミング

キーボード配列だけで十分よみごたえのある内容 ― 牧野 武文 著 「業界標準と互換機戦略 ― キーボード QWERTY 配列の真実」

「業界標準と互換機戦略」 という主題はよく理解できないが,副題のようにキーボードの歴史についての本だ. キーボード配列がなぜ現在の QWERTY になったのかについて書いた本はほかにもあるが,これだけくわしくしらべて書いたものはすくないだろう. このひとつのテーマだけで,十分よみごたえのある内容になっている.

評価: ★★★★☆

関連リンク: キーボードQWERTY配列の真実@Amazon.co.jp

注記: Amazon.co.jp書評 に投稿しています.

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/6383

コメント (2)

私もこの書籍をKindleで読んでみたのですが、基本的な点で誤りが多く、正直かなりヒドイ書籍だと断ぜざるを得ませんでした。詳しくは私の日記を御覧ください。

安岡さん,
ご指摘どうもありがとうございます.私は単純に信じてしまいました.

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type