[ トップページ ]
DIY (日曜大工) とものづくり・実験:3 次元印刷 (3D printing)・CAD

3D プリンタからの PLA 印刷物のはがしかた

3D プリンタで印刷しおわったばかりのオブジェクトはプリント・ベッドから容易にはがれない. また,印刷直後にはまだやわらかいので,無理にはがすと変形してしまう. すこし時間をおいてからはがすのがよいという点では材質が PLA であれ ABS であれ,かわらないだろう. しかし,最近は PLA ばかり印刷しているので,そのはがしかたにはだいぶなれてきた.

変形しにくくするためには,まずプリント・ベッドのヒーターをきるのがよい. ヒーターをとめてしばらくおく. なるべくはやくはがしたければ,オブジェクトを強制冷却するのがよい. 印刷がおわるとオブジェクトをひやすためのファンはとまってしまうが,それをうごかしつづけるのもひとつの方法だろう. 私がやっているのは,手でさわってひやすこと,いってみれば水冷だ.

ある程度ひえると,ほとんどちからをくわえなくても,はがせるようになる. たぶん,プリントベッドと PLA の熱膨張率のちがいのためだろう. つづけて印刷するには,はがしたらすぐにプリントベッドをふたたび加熱する. このくりかえしだ.

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/6329

コメントを投稿

dasyn_1101-25

方向指定 3D デザイン・印刷技術を使用してつくったこのような作品を デイシン Yahoo! Japan ショップで売っています.

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type