[ トップページ ]
科学・技術・自然:機械, 書評:科学・技術・自然, 書評:科学・技術・自然

基本は現在もかわらないが,どちらかといえば骨董品 ― 大西 久治, 伊藤 猛 著 「機械工作要論」

鋳造と溶接がはじめのほうにとりあげられている点やとりあげられている工作機械にはふるさを感じさせるが,鋳造・溶接はページ数では 10% 強であり,それほど多くはない. 除去加工の基本は現在でもそれほどかわっているわけではないだろう. NC についても記述もわずかだがある. しかし,どちらかといえば骨董品であり,実用をめざすひとが読むべき本ではないだろう.

評価: ★★★☆☆

関連リンク: 機械工作要論@Amazon.co.jp

注記: Amazon.co.jp書評 に投稿しています.

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/6231

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type