[ トップページ ]
生活:食品・料理と嗜好

渋すぎ紅茶

自宅でいれたお茶を 1 リットルのペットボトルにつめて,会社などにもっていっている. 最近そのレパートリーにくわわったのが紅茶だが,うっかり長時間抽出してからペットボトルにつめたところ,かなりにがくて渋いものになってしまった. それをひやすと,写真のようににごってしまった. これはとても紅茶とはおもえない.

RIMG1282r.jpg 自宅でいれて外出時にもっていくお茶のレパートリーは,もともと麦茶からはじまって,日本茶,中国茶とふえていったが,最近それに紅茶がくわわった. 3 〜 5 分,抽出してから 90 ℃ 以下にまでひやしてペットボトルにつめるのが基本だ. ところが,5 分のタイマーを妻にけされて時間がわからなくなり,10 分以上,抽出してしまった. その結果,かなりにがくて渋いものになってしまったが,のめないことはなかった. 店などで紅茶をたのんでも,ポットにいれたまま長時間おくことがあるから,とくにめずらしいこととはおもえない. ところが,それをひやすと,写真のようににごってしまった.

日本茶でも家でペットボトルにつめると,コンビニで売っているものとはちがって,透明ではなくなる. 茶渋が沈殿するのだとかんがえられる. この沈殿物はペットボトルにつきやすく,水であらってもおちない. しかし,紅茶は短時間で抽出をやめれば渋みはあまりでない にごりもあまりない. ところが,長時間抽出すると渋みもでてくる. ひやせばにごるのも日本茶とおなじだ. しかし,ここまでひどくなるとはおもっていなかった.

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/6154

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type