[ トップページ ]
文化・教育と学習:教育・大学・研究, 書評:文化・教育と学習

いろいろおしえられるが,どうすればよいかはあまりみえてこない ― 苅谷 剛彦, 増田 ユリヤ 著 「欲ばり過ぎるニッポンの教育」

2006 年に書かれた本だが,「ゆとり教育」 改革がうまくいっていないこと,フィンランドの教育にまなぶべきことがあるが,そのまま日本に導入すればよいわけでないことなどを,対話のなかで語っている.フィンランドの教育については,うすい本のわりにはいろいろおしえられる. しかし,日本の教育をどうすればよいかは,あまりみえてこない.

評価: ★★★☆☆

関連リンク: 欲ばり過ぎるニッポンの教育@Amazon.co.jp

注記: Amazon.co.jp書評 に投稿しています.

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/6055

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type