[ トップページ ]
社会・経済:商店街とまちづくり, 書評:社会・経済

店内のみとおしがわるい新宿高島屋

ひさしぶりに新宿の高島屋に行った. 高島屋じたいが目的ではなかったが,高島屋の店内に関しても感じたことがある. なんて,みとおしのわるい店だろうということだ.

高島屋とおなじ建物のなかに東急ハンズがある. ここにはエスカレータが 4 台ならんでいる. なぜ 4 台おなじ場所になければならないのだろう. ふつうは反対側のエスカレータまであるいていかなければならないことがあるが,ここでは 2 つはなれたエスカレータにのればよいだけなので,便利なことはたしかだ. しかし,そのために 4 台ならべる必要はないだろう.

おなじことは,店の中央付近にある 4 台のエスカレータについてもいえる. しかも,このエレベータは 4 台ならんでいることによって,その反対側をほぼ完全にかくしている. これは致命的だ. これがあることで,店内全体をみわたすことができない. みわたせたほうが便利だとおもうのだが,わざとこのような設計にしたのだろうか?

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/5954

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type