[ トップページ ]
地理・地域:ヨーロッパ, 観光・旅行・出張:海外旅行・出張

はじめて行ったヴェネツィアでの夕食

ヴェネツィアのとなりまちメストレでの学会に参加しているが,そこからはじめてヴェネツィアまで行った. 行きのバス停で同僚と一緒になり,ヴェネツィアについてからかえりのバスをさがしまわったあと,レストランで食事をした. Google Map をもっていない状態で,くらいなかをあまりあるきまわるのはどうかとかんがえて,食後すぐに帰途についた. これでアクセスは確立されたから,あさってはもうすこし時間をかけて観光しようとおもう.

もともと 5 時半までかかるはずだったセッションが 5 時におわったので,ホテルにかえって,いったん会社から切断していた PC をふたたびつなぐなどしてから,バス停にむかった. 学会などの案内で,このあたりからは 15 分に 1 回,ヴェネツィアいきのバスがあるということになっていたが,バスは 30 分以上こなかった.

はやくおわったセッションにはひとりで参加していたので,ここまでひとりできたが,もしかしたらくるかもしれないと言っていた同僚がバス停にやってきた. このバス停からいくということは言っていなかったのだが…

ともかく,2 人でバスをまち,やってきたヴェネツィアいきのバスで終点までいった. ヴェネツィアでバスがつくのは Piazzale Roma というひろばだ. ここには多数のバスがとまっている. ここでまず,かえりのバスをみつける必要がある.

のってきたバスは夜 8 時半くらいでおわりだ. N2 というバスは深夜まであるというので,それをさがすことにした. 案内板にはたしかに N2 というバスがメストレにいくと書いてある. しかし,N2 がとまる場所が容易にみつからない. 同僚がひろばでこしかけている女性にきいたりして,すこし情報がえられた. さらにしばらくさがして,ようやくわかった.

これで安心してレストランがさがせる. くらいし,Google Map もつかえないので,あまりとおくにはいかないことにした. ひろばのちかくに何件かレストランがある. そこからはなれると店がなくなるので,13 ユーロの定食 (menu) を黒板に書いている店でたべることにした. 外の席にすわった.

VeneziaRestaurant1.jpg VeneziaRestaurant2.jpg

シーフード・パスタと魚料理,それにデザートがついて 13 ユーロだというので,それにした. ハウスワインもたのんだ. パスタには魚介のエキスがしみこんだタリアテッレはなかなかよい. きのうもきょうも昼はパスタをたべたが,どちらもオリーブオイルがたっぷりかかっていた. このタリアテッレはあぶらはおさえめだ.

タラのような魚を焼いたものに野菜がついてきた. これもよい. きのうはグリルに 20 ユーロちかくかけたが,あまりよくなかった. きょうのほうがやすいが,ずっとよい.

ワインはやはり赤にした. ハウスワインなので,なにも書いてないビンにはいっている. 品種はわからないが,あじわってみると,きのうのものにちかい. きのうのワインよりややマイルドだが,基本はおなじ品種なのだろう. 同僚は気にいっていなかったようだが,私はこれで満足だ.

デザートをなかなかもってこない. 同僚はさむがっている. ようやくチョコレートをもってきた. コーヒーをたのみたいところだが,さらに時間がかかるのもこまるので,それでおわりにした. 店のなかにはいってしばらく待ち,40 ユーロはらった. ワインが 14 ユーロくらいということだ. そんなものだろう.

行きにつかったバスはちょうど最終便がでたところらしい. なので,あらかじめきめておいた N2 / N1 のバスにのって,メストレにむかった. 行きにのったバス停のひとつ手前で右折してしまう. つぎのバス停でおりて,すこし余計にあるく. だが,それほどの距離ではない. 9 時すぎにホテルにもどった.

関連項目:

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/5914

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type