[ トップページ ]
地理・地域:ヨーロッパ, 観光・旅行・出張:海外旅行・出張

ヴェネツィア-メストレ の駅,商店街,そしてレストラン

ヴェネツィアのとなりまちメストレでの学会が夜 7 時すぎにおわってから,メストレ駅方面にいってみることにした. ホテルからバス道路にでてからはほとんど 1 本道なので,まようことはない. 駅前までいってレストランにはいり,そのままかえってきた. まだ 10 時くらいだったが,もう,ひともくるまも,あまりとおっていなかった.

MestreSculpture.jpg メストレ駅にむかっている Via Terraglio という道にでる. ここはバスもとおっているが,きょうは途中をみながらいくのでバスはつかわない. 7 時くらいにはくるまはひっきりなしにとおっている.

ホテルのちかくでこの道はいったん地下にもぐっている. その北側つまりホテルの側には店はほとんどない. しかし,反対側にでるとレストランやその他の店が何軒かある.

ホテルの昼食はたかいようにおもうので,どこかやすい店はないかとかんがえていた. やすい店はファスト・フードと中華料理屋だ. ふつうのレストランでは 10 ユーロ以下のものはあまりない.

さらに南下するとしばらくはあまり店がないが,駅がちかづいてくると,まず Kebab 屋がおおいところがある. 駅のちかくは中華がおおい. Bistro とかかれた店でも fast lunch などと書いてある. 昼食もゆっくりとるのがラテン風だが,いまでは,やはり時間を節約したいというひとがおおいのだろう. (右の写真はこのあたりにある彫刻だ.)

MestreStation1.jpg MestreStation2.jpg

メストレ駅もヴェネツィア駅もひらたい建物であり,駅なのかどうか,ちょっとみてもよくわからない. メストレ駅のなかにもはいってみた. ホームが 5 つくらいある,かなりおおきな駅だ. 日本ではふつうの通過形のターミナル駅だ. ここからヴェネツィアへも線路がつづいている.

MestreStationRestaurantMenu.jpg 駅前の店で注文したのはさまざまな肉のグリルと野菜のグリル,赤ワインと水,そして最後にエスプレッソだ. ワインはメニューにはグラス・ワインばかりが書いてあるが,ハーフにした (写真). かなりつよい味だ. 値段は 10 ユーロだった.

野菜はにがみがつよくて,あまりよいとはいえない. 原形のままではないのでなんの野菜だかわかりにくいが,ナスやキュウリのようなものがはいっている. オリーブオイルとレッドビネガーをもってきてくれたので,それをかけてたべた. にがみを緩和するにはレッドビネガーはよい.

肉はラム,チキン,ベーコンなどがまざっているが,なんの変哲もない肉だ. それにいくつか野菜がついて 15 ユーロだが,値段だけの価値があるものとはおもえなかった.

ホテルのなかにある,数 10 人はいれるおおきな店であり,半分以上の席がうまっている. けっこういそがしいので,エスプレッソをなかなかもってこなかったりした. 日本ならもっと効率とサービスをかんがえるところだ.

わかい日本男性があとからはいってきたが,私よりすくない注文で,さきにかえっていった. エスプレッソがなかなかこなくて,いいかげんはやくかえりたくなってきたので,たちあがってキャッシュではらった. ほかの客をみていても,席ではなくレジスタのまえではらっているひとが多いようだ.

関連項目:

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/5912

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type