[ トップページ ]
書評:社会・経済, 社会・経済:若年者問題・ワーキングプア・プレカリアート

なぜホワイトカラーを問題にするのか? ― 森岡 孝二 著 「貧困化するホワイトカラー」

日本のホワイトカラーがおかれたきびしい状況をえがいている. あつかっている問題は重要であり,示唆をあたえているといえるだろう. しかし,ホワイトカラー,ブルーカラーというふるくさいことばがいまでも雇用の分析のためにやくにたつのかどうかが,とわれるべきだろう. かつてはブルーカラーの代表だった旋盤工でさえも NC 旋盤をプログラムする時代だ.

著者はホワイトカラーが職場の外でも仕事のことをかんがえるのは本来あるべきすがたではないと書いている. だが,これは仕事にひらめきをいかすのを否定することであり,ホワイトカラーとブルーカラーの差をさらにちぢめてしまうことになるだろう. それでいてホワイトカラーを問題にする理由がよくわからない.

評価: ★★☆☆☆

関連リンク: 貧困化するホワイトカラー@Amazon.co.jp

注記: Amazon.co.jp書評 に投稿しています.

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/5880

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type