[ トップページ ]
生活:食品・料理と嗜好

すこしからくて香りのよいピーマン

シシトウに,からいのと,からくないのがあることはよく知られている. 同様に,ほかのトウガラシ類もからいのと,比較的からくないのとがまざっている. そして,からいもののほうが香りはよい. 栽培したから知っているのだが,ハラペーニョなどはとくにそうだ. ふだんはほとんど料理をしないが,たまにピーマンをきってみて,やはり香りがよくてすこしからいのと,香りがない普通のとがまざっていることを発見した.

料理をするひとならだれでも知っていることかもしれないが,ピーマンも一様でないことがわかった. ピーマンの香りがきらいなひとは,なるべく香りもからさもないもののほうがよいのだろうが,私にとっては両方あるほうがいい.

シシトウでもからいのをさけるひとがおおいが,私自身はどれがからいのかがわかるなら,そういうものをえらんでたべたい. その理由は,からいものがすきだからということもあるが,からいものは同時に香りがよいからでもある. 香りのないシシトウはあじけない. つまりは,からくないシシトウはあじけないということだ. シシトウを栽培するとき,できるだけからくならないようにしているのだろうが,その結果として,香りはうすくなっている.

ピーマンももっと香りがよくなる栽培のしかたや品種もあるのだろう. からさをさけるために香りがわるくなっているとしたら,残念なことだ.

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/5875

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type