[ トップページ ]
政治・法律・憲法:官僚制

官僚の限界 ― 宇佐美 典也 著 「30 歳キャリア官僚が最後にどうしても伝えたいこと」

著者は省庁の縦割りによる行政や天下りや,その他,現在の行政組織の問題点とされていることに問題があって改善の必要があることはみとめつつも,それらの制度ややりかたをみとめてしまっている. こういう改良主義的なかながえかたは,いかにも官僚らしい. 官僚としての経験からくるそういうかんがえをあたまから否定することはできないだろう.

しかし,そういう改良主義的なやりかたではもはや問題を解決できないところまで日本の政治はきているのではないか? だから民主党は改革をこころみて,とりあえずは失敗におわった. この本ではそのみじめな失敗の様子も記述されている. しかし,民主党にせよ自民党にせよ,やはり今後もこの著者のような官僚の抵抗を排して,改革をこころみていかなければならないのではないだろうか? それはやはり政治家のやくわりだ.

評価: ★★★☆☆

関連リンク: 30歳キャリア官僚が…@Amazon.co.jp

注記: Amazon.co.jp書評 に投稿しています.

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/5896

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type