[ トップページ ]
社会・経済:産業・ビジネス, 書評:社会・経済

日本のシステムのよい面に目をむけていない ― 中村 吉明 著 「ゲームが変わった」

著者は従来の日本のものづくりのやりかたがガラパゴス化につながり,世界ではもはや通用しなくなったことを指摘している. そして,解決のいとぐちとしてシリコンバレーをあげている. たしかにシリコンバレーからまなぶべきことは多々あるだろう. しかし,それをそのまま日本にもちこめばよいわけではなく,日本でこれまでそだてられてきたシステムをこわさないことが必要だろう.

そういう日本の産業のよいシステムは,最終章でとりあげられている東日本大震災でこわされたサプライ・チェーンにもあらわれている. また,この本ではとりあげられていない中小企業間の連携は,シリコンバレーの企業間の関係に匹敵するのではないだろうか. そういうところには著者の目はいっていない.

評価: ★★☆☆☆

関連リンク: ゲームが変わった@Amazon.co.jp

注記: Amazon.co.jp書評 に投稿しています.

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/5819

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type