[ トップページ ]
情報通信博物館:コンピュータ館

謎と混乱の Windows プリンタ・ドライバ

Windows であたらしいプリンタをつかおうとするとき,あるいは既存のドライバではうまくいかないのでとりかえようとするとき,いつも謎と混乱の世界にふみこんでしまう.

おおくのプリンタを販売している会社のドライバは,多数あって,どれがどれだかわからない. 富士ゼロックスについてもそうだ. ちょうどほしい機種のドライバはみつけられない. なので型番がちかいものをえらぼうとするのだが,いろいろあって,よくわからない.

ほしいドライバは両面印刷対応のものなのに,インストールしてみると両面印刷のオプションがなかったりする. ほしい型番がみつからないのは,ポストスクリプトで印刷したいのに,実はそのプリンタはポストスクリプト対応でなかったからだったりする. こういうときは,ちかい型番のドライバをインストールして印刷してみると,延々何 100 枚もポストスクリプトのコマンドを文字として印刷したりする.

ちょうどほしい型番がみつかっても,バグがあるためにほかのドライバをさがすこともある. 富士ゼロックスの Apeos II のポストスクリプト・ドライバのなかには,拡大縮小のサイズを変更して印刷しても,すぐには変更が有効にならないものがある. これではこまるので,バグのないのはないか,さがしてみる. しかし,いまだに適当なものはみつかっていない.

ポストスクリプトでなくてもそんなにこまるわけではないが,とくに図の印刷がきたなくなるのが気になる. 何 100 枚も紙をだすはめになるのも,それをさけたいがためだ.

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/5654

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type