[ トップページ ]
書評:思想・哲学・宗教, 思想・哲学・宗教

なぜ英訳されていない? 吉本 隆明

Amazon.com で Takaaki Yoshimoto を検索してみると,すくなからぬ数の本がでてくる. ところが,そのほとんどは日本語の本だ. 英訳された (そして現在も買うことができる) 吉本の本はほとんどないということだ. 日本ではこれだけ有名なひとの本がなぜ英訳されていないのだろうか.

Amazon.com にあったほとんど唯一の吉本の訳書は “Ten Poems for Transposition” だ. ほかに Amazon でみつけられるものは,Manuel Yang による “Yoshimoto Taka'aki's "Karl Marx": Translation and commentary” だ. これは解説書であるらしい.

これほど英語の本がすくないということは,吉本の議論は英語圏ではみとめられていないということだろう. 上記の 2 冊の本にもレビューはついていない.

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/5618

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type