[ トップページ ]
Web とインターネット:eコマース (ネット通販), 書評

BK1 へのレクイエム

TRC (図書館流通センター) から移行して以来,ながらくネットでの本の注文につかってきたサイト BK1 (ビーケーワン) が,honto というサイトに吸収された. それにともなって,これまで BK1 をつかってきた理由がうしなわれてしまった. 死んだ BK1 よ,さようなら.

BK1 をつかってきた理由はさまざまだ. 最近はアマゾン (Amazon.co.jp) で買うことがおおかったのだが,BK1 なら,まとめて買えば本が 1 割引きになるというのも,そのうちのひとつだ. honto でもとりあえずは 1 割引になるようだが,期間限定なので,そのさきはわからない. ずっと 1 割引になるなら,またここで本を買ってもよいが,とりあえず,さようなら.

BK1 には新刊書のリストがあった. BK1 があつかうすべての新刊書が 1 日ごとにリストされていた. これは (一時は中断されていたものの) TRC 以来つづいてきたものだ. しかし,honto では新刊書を検索はできるが,いつ出版されたものかもわかりにくい. 1 日ごとの新刊書の一覧をみるというようなことはできないようだ. だから,さようなら.

本を読む読むと,レビューをアマゾンと BK1 の両方にのせてきた. honto にも書評をのせることができるが,特定の書評をさす URL がない. 自分が書いた文章へのリンクを保存しておきたい私にとってこれは致命的なことだ. だから,さようなら.

BK1 は書評をのせると,ときどき 「オススメ書評」 に登録されて,3000 円のポイントをくれた. だからどうというわけでもないが,honto は BK1 ほど書評にちからをいれているようにはみえない. だから,さようなら.

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/5642

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type