[ トップページ ]
書評:思想・哲学・宗教, 思想・哲学・宗教

生きづらいひとの味方.しかし日本のなかにとじている ― 南 直哉 著, 「なぜこんなに生きにくいのか」

宗教者である著者は生きるのがつらいとおもっているひとになにができるかをかんがえてきた. この本もそういうひとにむけられている. この本に共感するひとの声をきけば,この本に価値があることはあきらかだろう.

しかし,著者のかんがえはほとんど日本のなかにとじてしまっているようにおもえる. 世界をみれば,たとえばブータンのような国もある. あまりに現在の日本とはかけはなれているかもしれないが,日本人とはちがうかんがえかたもまた,日本人をすくうのに貢献するようにおもう.

評価: ★★★☆☆

関連リンク: なぜこんなに生きにくいのか (単行本)@ [bk1]なぜこんなに生きにくいのか (文庫)@ [bk1]なぜこんなに生きにくいのか (単行本)@Amazon.co.jpなぜこんなに生きにくいのか (文庫)@Amazon.co.jp

注記: BK1書評 (単行本)書評 (文庫)Amazon.co.jp書評 に投稿しています.

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/5516

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type