[ トップページ ]
DIY (日曜大工) とものづくり・実験:PC & ネットワーク の自作と実験, Web とインターネット:プロトコルとネットワーク

Octeon というネットワーク・プロセッサにふりまわされている

会社でネットワーク仮想化に関する研究を仕事にしているのだが,べつの項目に書いた 10 G Ethernet のトラブルとともに,その実験につかうネットワーク・プロセッサ (Octeon) をのせたカードにふりまわされている.

WANic56512.jpg OcteonCavium という会社がつくったネットワーク・プロセッサなのだが,このボードは General Electric (GE) がつくった WANic 56512 というものだ. そんなにあたらしい製品ではないが,10 G Ethernet のくち (SFP+) を 2 つもっていて,それがこのカードを選択した理由だ. これをつかって 56512 どうし,またはサーバなどとのあいだで 10 Gbps の通信をすることができる.

このカードには実験時にはシリアル・インターフェースをつなぐこともできるが,実用的なつかいかたとしては PCIe バス経由で操作することになる. カード上に 4 個の DIP スイッチがあるのだが,それを 1110 と設定することによって,カードをとりつけた PC から U-Boot というコマンドをつかって PCIe バス経由で操作できるようになった. つまり,その PC のディスクからプログラムをロードして実行することができるようになった. 当面はコマンドを手入力して実行させるが,いずれコマンドを自動生成する予定だ.

だが,べつの項目に書いたように,まだサーバにのせた 10 G Ethernet ボードがただしく動作していないので,そのプログラムがちゃんと動作するかどうかは きょうまでのところは (シミュレータ上をのぞいては) たしかめられていない.

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/5508

コメントを投稿

dasyn_1072-01

方向指定 3D デザイン・印刷技術を使用してつくったこのような作品を デイシン Yahoo! Japan ショップで売っています.

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type