[ トップページ ]
地理・地域:インド, 観光・旅行・出張:海外旅行・出張

ビザ取得でふりまわされたインドへの学会出張

1 月 2 日からシンガポール経由でインドでの学会に出張した. インドにいくのはたいへんだとはきいていたが,学会出張にかぎって これほどたいへんなのだとは,しらなかった.

ビジネスのばあいは比較的容易にビザがおりるのだという. ところが,国際学会のばあいは,第 1 にその学会がインド政府の許可をえたものだ ということをしめす書類がいる. そして,第 2 にその学会から招待されていることを書類でしめす必要がある. その書類はオリジナルの色がついたものでなければならないのだという. 第 3 には,学会に派遣する組織の推薦状がいる. ちゃんと組織の印鑑をおしたオリジナルでなければならない.

これにパスポートや申請書類をつけて申請すると,とくに問題がなければ 1 週間くらいでビザがうけとれるのだという. 私のばあいはうけとったのが 8 日めの夜だ. 旅行代理店による代理申請だったので,書類をわたしてからビザをうけとるまでに 11 日かかった. 出張日まであと 5 日であり,しかもそのうち大使館がひらいているのは 2 日だけというきわどさだ. 観光旅行のばあいのほうがビザの取得がかんたんなのではないかとおもえる.

こんなにきわどくなったひとつの原因は,招待状をうけとるのがおくれたことだ. もともと学会に受理されたのが 12 月 2 日. すぐに招待状を発送してくれたというが,あてさきを指定していなかったので,現在の勤務場所とはちがうところにおくられて,転送されてくるまでに 10 日くらいかかった. あて先を指定し,速達でおくるように指定していれば,だいぶちがっただろう. そうすれば,あわてる必要はなかったはずだ.

関連項目:

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/5405

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type