[ トップページ ]
観光・旅行・出張:国内旅行・出張

菅平ふれあい牧場の動物たちと飼育係

8 月末に 3 連休があったので,私の母をふくむ家族 4 人で上田・菅平方面に旅行してきた. 夏の高原というと牧場ということになる. 菅平にも牧場があり,「ふれあい牧場」 には牛のほか,やぎ,うさぎ,あひるなどがいる.

SugadairaCow1.jpg SugadairaCow2.jpg

FeedingCow.jpg

牧場だから放牧された牛はもちろんいるが,ふれあい牧場にも仔牛がいる. 草をやると食べるが,自分でもかこいからくびをだして,そとの草をたべている. 中と外でなにかちがいがあるのだろうか?

SugadairaGoat.jpg SugadairaDuck.jpg

やぎはかこいの外につながれている. あひるは池にいる.

SugadairaRabits1.jpg SugadairaRabits2.jpg

そして,うさぎ小屋の下や中にいるうさぎたち. 中にはちいさなうさきだたくさんいるのだが,わかりにくい. 写真ではとくにそうだ.

うさぎ小屋のそばで飼育係のひとがいろいろな話をしていた. うさぎの子はそだてるのがむずかしいようだ. とくに牧場にはきつねなどがやってきて,あひるやうさぎをたべてしまう. うさぎは小屋の外にあなをほって子をうむが,そのままでは全滅してしまうので,みつけたら小屋にいれるという. あひるは親でもきつねにねらわれるので,夜は小屋にいれる.

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/5200

コメント (1)

うりりん:

うさぎの子どもはきつねの他にカラスも天敵であるらしいです。でも私が最も驚いたのは、親うさぎの栄養状態が悪いと自分の生んだ子どもを親自身が食べてしまうということでした。だから
うさぎにはうさぎがうずまるほどのえさをたべさせなければだめなのだそうです。
特に菅平のように気温の低い場所では栄養を与えることが重要なようです。

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type