[ トップページ ]
書評:思想・哲学・宗教, 思想・哲学・宗教

「近代の超克」 についてかんがえるための 1 冊 ― 鈴木 貞美 著 「戦後思想は日本を読みそこねてきた ― 近現代思想史再考」

この本は戦後の思想をささえた大江健三郎,吉本隆明そしてとくに丸山真男の批判を通じて,戦前の思想史における 「近代の超克」 にせまろうとしている. しかし,「近代の超克」 がおもなテーマになっているにもかかわらず,それを正面から論じていないところにこの本のわかりにくさがある. とはいえ,「近代の超克」 というおおきなテーマを新書 1 冊で論じつくせるものではないから,そのなかの 1 冊とかんがえれば,これでよいのだろう.

評価: ★★★☆☆

関連リンク: 戦後思想は日本を読みそこねてきた@ [bk1] 戦後思想は日本を読みそこねてきた@Amazon.co.jp

注記: BK1書評Amazon.co.jp書評 に投稿しています.

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/5160

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type