[ トップページ ]
生活:食品・料理と嗜好

中華街でおひとりさまの夕食

妻子はあそびにいっているが,私は仕事. 夕食もひとりでたべることになって,勤務先の戸塚からちかい中華街にいくことにした. 中華料理というと,以前はひとりでは不利だったが,中華街ではいまやそういう客も相手にしてくれる店がすくなくない. それだけ客がへっているというのと,現在の日本人のニーズにあわせているのと,両方だろう. ビール代もいれて 2000 円で 10 品,そこそこのものがたべられるのは,ありがたい.

いまは比較的直線的にいける地下鉄があるとはいうものの,市営地下鉄はとてもおそい. 戸塚から中華街へはいきやすいとはいえない. ためしに伊勢佐木長者町からあるくという方法をとってみたが,あまりよくなかった. 関内からのほうがまだよかっただろう. かえりはふつうに元町・中華街からのみなとみらい線にした.

ひとりなので,それほど予算をかける気はしない. 選択肢はふたつだとかんがえた. ひとつは食べ放題で 2500 円くらいの店,もうひとつは 1500 円くらいで品数がきまった店. たべすぎるのもどうかとおもうので,後者にした. 関帝廟のちかくのちいさな店だが,なまえはわすれてしまった.

メニューには 2 人からと書いてあるが,ひとりでもサービスしてくれた. やすいコースなので,それほどかわったものはない. ひとりぶんはあまりにすくないようにおもえたが,それでも 10 品あるのと,やすくつくれるマーボー豆腐やチャーハンは量がおおいので,十分だった. 戸塚と自宅のあいだのみせでは 1500 円でこれだけ満足させてくれる店はすくないだろう.

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/5155

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type