[ トップページ ]
社会・経済:産業・ビジネス, 書評:社会・経済

リスクがおおきすぎる日本社会,解決策はどこに?! ― 山岸 俊男, メアリー C・ブリントン 著 「リスクに背を向ける日本人」

日本人がリスクをとろうとしないことは,これまでも指摘されてきたし,私自身そう感じてきた. しかし,著者らの意見が他とちがっているのは,リスクをとろうとしないのは日本社会ではさまざまなリスクが大きすぎるからだとかんがえていることだ. 大学卒業時に就職できないと一生フリーターになってしまうというリスクのおおきさは,アメリカなどにはないということだ. ほかにもいろいろ日本社会の問題点が指摘されている. どれももっともであり,問題の根深さを感じざるをえない.

評価: ★★★★☆

関連リンク: リスクに背を向ける日本人@ [bk1] リスクに背を向ける日本人@Amazon.co.jp

注記: BK1書評Amazon.co.jp書評 に投稿しています.

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/5143

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type