[ トップページ ]
書評:歴史, 歴史

ただの近代通史 ?! ― 小林 英夫 著 「日本の迷走はいつから始まったのか ― 近代史からみた日本の弱点」

タイトルをみると,バブル崩壊以来露呈した日本の問題点の原因を近代史のなかにさぐろうとしているという印象をうける. 実際,そうしたかったのだろう. しかし,読んでみるとほとんどは最近の日本の問題点とは関係のない通史の記述にあてられていることがわかる. その内容はむしろステレオタイプ的であり,そこから現代日本の問題を解決するためのヒントがえられるようにはおもえない. もしこういうタイトルをつけるのなら,もっと現代の問題点につながることがらをえぐりだす必要があっただろう.

評価: ★★☆☆☆

関連リンク: 日本の迷走@ [bk1] 日本の迷走@Amazon.co.jp

注記: BK1書評Amazon.co.jp書評 に投稿しています.

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/5070

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type