[ トップページ ]
情報通信博物館:コンピュータ館

セキュリティ機能がつかいにくくてかえって危険な HP のラップトップ PC

会社で買った HP ProBook 4520s というラップトップ PC をつかっている. HP (ヒューレット・パッカード) 独自のセキュリティ機能などがいろいろついているのだが,かならずしもつかいやすくない. 一番こまるのは,パスワードが自由にかえられないことだ. パスワードなしのユーザ ID はつくることができるのに,それに弱いパスワードをつけるのがむずかしいのだ. 通常のやりかたでパスワードをつけようとすると,もっと強いパスワードにしろといわれて,つけられない. つまりはパスワードなしでつかうことを強制される. これではむしろ危険だ.

HP-ProBook-4520s.jpg HP ProBook 4520s はラップトップといっても,テンキーまでついていて,ひざにのせるにはちょっとおおきすぎる. ちいさいほうがつかい勝手はよいが,そのほうが高価だ. もちはこぶことはほとんどない用途なので,この機種にした.

セキュリティ機能を on にすると,電源をいれたときにパスワードの入力をもとめてくる. 最初につくったユーザ ID にうっかりいつも自分が個人的につかっているパスワードをつけてしまったために,電源をいれたときにもそのパスワードの入力をもとめられる. これではほかのひとと共用することができないので,パスワードを変更したい. だから,もうひとつユーザを登録して,おぼえやすいパスワードをつけたいのだ.

ところが,パスワードなしのユーザはつくれても,よわいパスワードをもつユーザは容易につくれない. パスワードをつけようとすると,そのパスワードはよわすぎるというので,拒否されてしまう. たぶん,なにかもっと複雑なことをすれば,よわいパスワードをつけることができるのだろうが,その方法が容易にわからない. パスワードのないユーザを放置しておくほうがよほど危険ではないか.

とりあえずパスワードなしのユーザはなくして,他人にはつかわせないようにしている. 当面はセキュリティのためにはこれしか方法がない. しかし,不便だ.

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/5092

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type