[ トップページ ]
書評:仕事と起業, 仕事と起業

日本のサラリーマンのいろいろな問題点の指摘.その解決策は読者にゆだねられている ― 大前 研一 著 「サラリーマン「再起動」マニュアル」

イントロダクションではいまのサラリーマンの思考や行動がいかに危機的な状態にあるかを書いている. ほんとうにそこまでひどいのかと,おもわせる内容だ. 自分のちかくをみるかぎりは,もうすこし,すくいがあるようにみえる. 著者がむかしつとめていた会社にいるが,そこでも第 1 章に書かれているようなプロジェクトが増加し,組織もむかしよりは平坦化している.

それでも,意識改革が十分すすんでいないのは著者が書いているとおりだろう. あとの章にいくほど,「旧大陸企業」には欠けているところがふえてくる. この本のなかにはあたらしい道にふみだすためのヒントがいろいろある. しかし,それらはあくまでヒントであって,解決策にはなっていない. たとえばセキュリティ問題のために在宅勤務が困難になったことが指摘されているが,可能な解決策はしめされていない. ほかの問題に関しても,解決策をあたえるべきは著者ではなくて読者だ.

評価: ★★★☆☆

関連リンク: サラリーマン「再起動」マニュアル@ [bk1] サラリーマン「再起動」マニュアル@Amazon.co.jp

注記: BK1書評Amazon.co.jp書評 に投稿しています.

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/5034

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type