[ トップページ ]
観光・旅行・出張:散歩・まちあるき, 科学・技術・自然

仙台で津波と砂と風がつくりだした風景

震災の被害を自分の目でみようとおとずれた仙台でみつけたひとつのものは,津波,砂,風などがつくりだした風景だ. これらは復興とともにうしなわれてしまうであろう一時的な風景のひとつだ (これらの写真は仙台の震災被災地でとったものであり,著作権フリーです).

津波が仙台宮城野区や若林区をはしる 10 号線の道路付近に砂をはこんできた. そこに風がふけば風紋ができる. 写真はそうしてできた風景だ. これが海岸にあるのなら,なんのふしぎもない. しかし,ここは,もとは水田だったのだ.
IMG_0862_edited.jpg

あとの写真はそれほど印象的ではないが,やはり津波と砂がつくりだしたものだ.
IMG_0779_edited.jpg IMG_0780_edited.jpg
IMG_0781_edited.jpg IMG_0784_edited.jpg
IMG_0787_edited.jpg IMG_0868_edited.jpg
RIMG3201_edited.jpg

おことわり: これらの写真がもし万一,被災者の方にネガティブな感情をおこさせてしまうことがあるとすれば,たいへんもうしわけありません.

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/5000

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type