[ トップページ ]
Web とインターネット:Twitter (ツイッター)

各話者がことなるコンテクストのもとで会話する Twitter

Twitter は一種の会話メディアだとかんがえることができる. しかし,通常の会話メディアとはちがって,それぞれの話者はことなるコンテクストのもとにいる. それがどういう結果をうみだしているのか,興味がある.

同期的であるにせよ,非同期的であるにせよ,会話のためのメディアは通常,どの話者もおなじコンテクストを参照している. 電話のような 1 対 1 のメディアではもちろんだが,音声や画像による会議システムでも,インターネットやパソコン通信の会議システムでも,参加者はみな他のすべての参加者の発言を参照することができる.

ところが,Twitter においては,ひとりひとりがみているものがちがう. ツイートした内容が一方的なメッセージであるときはそれでもよい. しかし,会話が成立したときでも,自分がみているコンテクストと相手がみているコンテクストとは,通常,ちがっている. たとえば参加者 A と参加者 B へのメッセージをやりとりする (@A, @B のような文字列をメッセージにいれる) とき,参加者 C が A だけにメッセージをあてると,B はそのメッセージを参照することができない. A は C だけにわかるツイートをするかもしれない. これは会話における齟齬をうみだしうる.

このちがいがどういう結果をうみだしているのか,分析したひとはいるのだろうか.

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/5036

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type