[ トップページ ]
社会・経済:災害・地震, 社会・経済:産業・ビジネス

被災地でのバス路線の復興

東日本大震災の被災地では,おおくのくるまがうしなわれ,被災者の移動や仕事さがしを困難にしている. すでにいくつかのまちではおこなわれているようだが,定期的にバスを運行するのがよいようだ.

バスがとおっていたおおくの道はいまもまだとおれないだろう. それよりも,被災者は避難所でくらしているから,もとのルートでバスをとおしても,あまり紙がない. しかし,被災者は避難所にあつまっているから,比較的すくない路線で避難所間や避難所と外部とをむすぶことができるだろう. そういうバスの運行はすでにいくつか,こころみられているようだが,よりおおくの被災地ですすめられるべきだろう.

Web で 「被災地 定期バス」 というようなキーワードで検索すると,このような事例がみつかる. つぎの項目はその一例だ.

キーワード: 東日本大震災, 3.11

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/4942

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type